ゴルフの練習器具8つのポイント

ゴルフの練習器具8つのポイント

ゴルフの技術上達のために欠かせない練習。その練習をより効果的に行う為のゴルフ練習用の器具が数多く販売されています。ところが、これらゴルフ練習用の器具を使用しても一向に子かがないという人も大勢います。その原因はどこにあるのでしょうか?



ゴルフの上達を助けるゴルフ練習器具にはゴルフコーチが考案し、開発したものや、レッスンプロが長年使用していたものなどがあります。そのいずれもゴルフの練習器具としては優秀なものですが、それらの有効な使い方や選び方を知りたいと思いませんか?


ゴルフの練習器具で上達8つの事

①複数の要素を考える

ゴルフはスイングひとつとっても様々な要素が絡み合って出来上がっています。例えばヘッドスピードを上げたいと思っても、そのヘッドスピードを支える下半身の強化をしなければ効果がありません。ですので速く振るためのゴルフの練習器具だけを使用するだけではなく、そのためには土台となるべき下半身の強化も必要となります。

また、綺麗なスイングプレーンを作るにはその前提として正しいグリップをすることが必要となります。このようにゴルフの練習器具を選ぶ時は、複数の要素を考えて、同時に取り組む必要があります。

②本当に必要かを考える

様々なゴルフの練習器具がある中で、中には高額なものもあります。今の自分のスイングと上達したい課題に対してそのゴルフの練習器具を購入し実践する事が本当に必要なのかを考える事が重要です。すなわち今の自分のスイングに、そのゴルフの練習器具が合っているのか、上達なり矯正の効果があるのかどうかを考えることが必要です。

③練習器具を見極める

これだと思うゴルフの練習器具を見つけても、方法が違えども同じ効果を謳うものも多くあります。その中でどの練習器具が自分に合うか、使えるかを見極めるにはまず、そのゴルフの練習器具が想定しているゴルファーのゴルフスタイルを考える事が大切です。そしてそのスタイルと自分のスタイルとがマッチするかをしっかりと見極める事が大切です。その見極めを間違えるといつしかスイング自体が変わってしまうことも多々あります。

④工夫をする

様々なゴルフの練習器具が売られていますが、少しの工夫で立派なゴルフの練習器具になるものが身の回りにも実はたくさんあります。ペットボトルに砂を詰めて重たくしてスイングプレーンの矯正や、自転車のタイヤチューブを使って上半身と下半身の正しいねじれを体感することなど、工夫しだいで立派にゴルフの練習器具に使えるものがあります。ゴルフ雑誌などで取り上げられるゴルフの練習器具を見て、身の回りに活用できるものがないかをよく探すことが大切です。

⑤目的を理解する

実践できる、やってみたいゴルフの練習器具が見つかったとして、ただ練習のための練習にならないように、そのゴルフの練習器具が最終的に何を求めているのか、その目意をよく理解することが大切です。

例えばスイングプレーンに関するゴルフの練習器具であっても、その目的がストレートボールを打つためのものであれば、フェードボールを打ちたい人には向いていないという可能性もあります。ですので自分のプレースタイルとそのゴルフの練習器具の目的が合っているかをよく理解することが大切です。

⑥初心者は使わない

初めてゴルフを始める場合には、初心者向けというゴルフの練習器具があっても使わないほうが良いです。何故ならゴルフの練習器具はポイントを矯正するものが多く、そこだけを真似しても全体的流れが出来ていないと効果がありません。あくまで基本が出来てきてからゴルフの練習器具を使うことが大切です。

⑦頭の中でイメージ

自分が実践できると思うゴルフの練習器具が見つかったら、その練習器具を使用して効果が出たときの自分のスイングなり球筋をイメージし続けることが大切です。

⑧続けられるものを選ぶ

色々とあるゴルフの練習器具の中でも、楽しく続けられる練習器具を選ぶことが大切です。広く大きなスペースを必要とせず、毎日少しの時間でも続けられて、面白く、楽しいゴルフの練習器具こそ継続して続けられる、自分に合ったゴルフの練習器具だといえると思います。


いかがだったでしょうか?

ゴルフの練習器具にもいろいろなメソッドに基づき、アイデア満載のものが多くあり、どれを選ぶか迷ってしまいます。あるいは身の回りのものでもゴルフの練習器具に活用できるものも数多くあります。常に上達したいという思いを持って取り組めば、きっと満足できる成果が得られると思います。

Speak Your Mind