ドライバーで飛距離を出す6つの方法

ドライバーで飛距離を出す6つの方法

ゴルフをプレーする人が常に求める物は飛距離?正確性? 多分、始めたばかりの人は飛距離を求める人が多いのかな?と思います。 特に若い男性は、やっぱり気持ちよくドライバーを飛ばしたい、ティーグランドでかっこ良くドライバーショットを決めたい、と思うのでは?では、ドライバーで飛距離を出すにはどうすれば良いでしょうか?
↑ 続きを読む ↑

ゴルフクラブ飛距離の目安10のポイント

ゴルフクラブ飛距離の目安10のポイント

ゴルフをする方なら誰でも自分の飛距離が気になるものです。ゴルフクラブは番手ごとに飛距離が違うのは常識ですが、同じ番手のクラブを使っても他の人との飛距離が全く違う…そんな時、自分の打ち方が悪いのかな?と思っていませんか?飛距離はゴルフの腕前だけで決まるものではありません。クラブ選びをきちんとすれば他の人のように飛ばすこともできるのです。ではどういった点を見直せばいいのでしょうか?
↑ 続きを読む ↑

ゴルフで飛距離を稼ぐ5つの方法

ゴルフで飛距離を稼ぐ5つの方法

ゴルファーにとって「ティーショットで飛距離を稼ぎ、短いアイアンでグリーンを狙う」、「単純に同伴者よりも飛距離で勝っているという優越感を感じたい」などいろいろな理由はあると思いますが、ティーショットを飛ばすということはゴルフの醍醐味のひとつです。しかし、なかなか思うように飛ばせないのがゴルフであり、ゴルファーを悩ませる要因なのではないでしょうか?
↑ 続きを読む ↑

ゴルフで飛距離アップさせる8つの方法

ゴルフで飛距離アップさせる8つの方法

飛距離アップは、ゴルフをする人にとって、永遠の課題とも言えます。その課題を解決してくれるものは、道具なのでしょうか?スイングなのでしょうか?それとも力の有無なのでしょうか?ゴルフで飛距離アップを図れる方法をまとめました。ジュニアからシニア、男女問わず、そして初級者からベテランまで、ゴルフにとってもっとも大事といっても過言ではない、飛距離をアップさせるポイントはどこにあるのでしょうか?
↑ 続きを読む ↑

アイアンで飛距離を安定させる7つの方法

アイアンで飛距離を安定させる7つの方法

ゴルフでスコアを安定させるのに必要なのはアイアンの安定と飛距離の向上です。1Rをスコア100で周る際に平均ストロークは4~6です。すべて2パットで上がったとしても平均1~3打はアイアンで打つ必要があります。またほとんどの方は14本クラブのうち8割はアイアンがはいるのではないでしょうか。では飛距離にあったアイアンをどう選べば良いのでしょうか?
↑ 続きを読む ↑