ゴルフの縦振りスイング5つのポイント

ゴルフの縦振りスイング5つのポイント

ゴルフを始めようと思ったらまずはゴルフ練習場へ行くことが多いでしょう。初めはうまく打てません。なに、ちょっと練習すればすぐ打てるようになるさ、と思いながらなかなか上達しない。次第に我流ではだめだと思いゴルフ雑誌を読んだりレッスンを受けたりすることに。そこで出てくるのが「縦振り」なるゴルフスイングの理論です。ボールを横向きに打つはずなのに「縦振り」とはどういうことなのでしょうか?



ゴルフのスイングはボールの横面をクラブヘッドで叩いて横向きに飛ばす動作です。インパクト前後ではヘッドが横向きに動いていますから、一見すると腕を横向きに動かしているように思えます。ゴルフの研究熱心な人でも誤解が多い部分ですが一見そのように見えるだけです。理想的なゴルフスイングの動きを、前傾姿勢と腰の回転を止めて腕の振りだけを見てみるとクラブは上下運動つまり縦振りしているのが見て取れます。

ゴルフのスイングでは、縦振りせず腕を横振りすると色々な弊害が生じます。飛ばない、曲がる、シャンク、フォームがダサい、はてはゴルフが嫌いになる、等々。腕力に頼る横振りではボールは飛びません。縦振りならより強力な足腰や背中の筋肉を使えるので楽に飛ばせます。女子プロゴルファーは非力な腕力に頼って250ヤード飛ばすわけではなく効率的な縦振りで飛ばしているのです。また縦振りではヘッドをボールに合わせに行くという小手先の動きを避けられるためスクエアなインパクトがし易くなります。では縦振りスイングをモノにするにはどうすれば良いのでしょうか?


ゴルフで縦振りを取得する5つの方法

①スイングアークを大きく

スイングアークとはおおまかに言うとヘッドの回転運動の大きさで、これが大きいほどダイナミックなスイングとなります。そして腰の回転のパワーをクラブに効率よく伝えるのが縦振りです。腰がしっかり回らなければ縦振りの効果は活きてきません。

ゴルフスイングは腰の回転がいわばエンジンで、これを効率よくクラブヘッドに伝達するシャシーが上半身の役割です。腕の仕事はスイングアークを大きくすることであって腕っぷしでボールをヒットする必要はない、ということをまず理解することが縦振りを身につける第一歩です。

②斜めにスイカ割り

右打ちの場合腕の位置はトップで頭部の右側、フォローで左側になります。ですから厳密には縦振りとは正中線にそった垂直な上下運動ではなく鋭角的なV字軌道です。最下点がインパクト前後、振り上げる動作がフォローに当ります。力を抜いて軽く縦振りすれば、実際のスイングでは腰の回転の勢いにつられて綺麗なフォローがとれます。

③目をつぶって打つ

サンドウェッジを使います。サンドウェッジはパターを除く全クラブ中で総重量・バランスとも最も重いのでヘッドの動きを感じやすくダウンスイングで腕の力を抜く感覚をつかみやすいのです。目をつぶるとさあ打つぞ、という力みを無くし、スイング軌道がスムースになります。想像するほど難しくなく練習すれば大抵の人はきれいに打てます。

面白いことに目を開けて打つよりはるかに美しいスイングになっている人がほとんどです。ゴルフボールはあまり見つめすぎるとボールを迎えに行ってしまい手打ちになりがちです。魅入られてしまうのかもしれません。視界にボールは入っている、くらいの見方がいいようです。この練習法は縦振りに限らずゴルフの練習全般に有効です。

④左肘を下に向ける

右打ちの場合です。肘を下に向けると肘から先は上向きにしか曲がりません。つまりバックスイングで左腕が右側に折れ曲がるのを防ぐことができます。またこうすると自然と脇が締まります。ゴルフではよく「左脇をしめろ」と言われますが、これを意識し過ぎると左腕がこわばってスムースなテイクバックができません。左肘を下に向けることで力むことなく適度に脇が締まり自然と縦振り出来ます。

⑤練習で癖付け

基本を無視してもそれなりにゴルフは出来ます。たまたま飛ぶと「分かった」と早合点してますます我流のスイングで練習に励んでしまいます。それを何年も続けると体にしみついた悪癖はなかなか治りません。言うなれば練習によって悪い癖をわざわざ強制的に身に付けてしまったようなものです。そうなるとどこかで壁に当たりそれ以上上達しなくなります。縦振りという基本をしっかり身につければ初めは打てなくてもある日ゴルフが急激に上達するときがやってきます。


いかがだったでしょうか?

ゴルフのスイングはとかく理論に傾きがちです。ゴルフは他のスポーツと違い道具の数が多いことや雑誌のレッスン記事が多いことなどが情報過多の原因ですが、基本の動作はそんなにたくさんあるわけではありません。「縦振り」はゴルフスイングの基本の一つでありながら最も守られていないものの一つでもあります。90を常に切るようなベテランゴルファーのなかにも出来ていない人が多いのです。

Speak Your Mind