オデッセイパター5つのポイント

オデッセイパター5つのポイント

パターはゴルフクラブの中で一番多く使うクラブです。チップインやホールインワンは別にして、通常は毎ホール必ず1回以上使うのですから。そして、ツアーで一番多く使われているのがオデッセイパターです。更に、一番多く売れているのもオデッセイパターだそうですが、オデッセイパターってどういう物でしょう?



オデッセイパターとは、キャラウェイが販売しているパターで、上から見るとヘッドが「W」の文字の様な形状のネオマレット型のパターが有名かな?と思いますが、他にピンタイプパターというか、ブレード型の物もありますし、マレット型、L字型もオデッセイパターとしてラインナップされています。

実際一番売れているのがオデッセイパターなのですから、当然といえば当然ですが。最初に、一番多く使うクラブはパターと言いましたが、グリーンで3パットしてはスコアメイク出来ませんね。ということは、パター選びは結構重要なわけですが、皆さんはどのようにしてパターを選んでますか?一番売れているオデッセイパターでちょっと考えてみましょう。


オデッセイパター5つの特徴

①アライメントシステム

パットの方向性を安定させることは3パットをしないためにも必須なことですが、それには打ち出すラインに対してパターのフェイスを直角に構える必要があります。オデッセイパターでは、パターヘッドに2つのボールが並んでいるようなデザインの物が有名かと思いますが、パターフェイス面にボールを合わせると、ボールが3つ並んでいるように見えます。

これを打ち出すラインに対して真っ直ぐ並ぶようにアドレスするだけで、パターを直角に構えることが出来ます。その他、白いラインがパターヘッドのセンターに書いてあるタイプの物、パターヘッドが白黒のコントラストで見やすくしているものなどがあります。

②フェースバランス

オデッセイパターでは、フェースバランスもいくつかの選択肢があります。通常、打ち出すラインに対してつま先が平行にアドレスをしますが、そのラインに対して平行にストロークするタイプの人は、フェースバランスのタイプを選ぶと良いようです。 テイクバックとフォロースルーで若干インに入るストローク、イン・トゥ・インストロークの人はノンフェースバランスのタイプを選ぶと良いです。

もう製造していませんが、オデッセイパターの特徴的なデザインのストロークバランスというタイプ、シャフトがヘッドのかなり後方でヘッドに接続されているタイプがありますが、低く長いストロークを出したい人に向いているタイプです。

③フェース面のオフセット

オデッセイパターでは、フェース面のオフセットも幾つか種類があります。フェース面がシャフト1本分後方にオフセットしているタイプで、インパクトにかけてフェースが閉じやすくなるので、イン・トゥ・インのストロークをする人に向いていると思います。逆にフェース面がシャフトより前にオフセットしているタイプ。

これはインパクトに掛けてフェースが閉じにくくなりますので、平行にストロークしたい人向けだと思います。 その中間にあるのが、シャフト半分だけフェース面が後方にオフセットしているタイプもあります。 これは、前述の2つのタイプのどちらもしっくり来ない人に向いていると思います。

また、オデッセイパターで特徴的なヘッド後方にシャフトが接続されているタイプは、フェース面がシャフトよりかなり前方にオフセットしているので、パッティングでもハンドファーストに構えやすくなり、手が余分な動きをしづらくなるので、低く長いストロークを出しやすくなります。

④フェース面のインサート

パターの方向性が定まったら距離感を合わせてカップまで届かせないとカップインしません。距離感を出すには毎回しっかりとパターの芯でボールを捉える必要がありますがその時の打感(個人差がありますが)も大事です。

硬めのボールと軟らか目のフェース(軟らかい打感)、軟らか目のボールと硬めのフェース(硬めの打感)がオデッセイパターが勧める組み合わせですが、ちゃんと芯でボールを捉えてこその打感の違いですので、フェースがボールに当たる瞬間までボールから目を離さず、一定のリズムでのパッティングを心がけましょう。

⑤低重心、深重心

フェース面のインサートに大きく関係してきますが、オデッセイパターのインサートのあるパターフェースはフェース面に比重の軽いインサートを装着し、ヘッドのその他周辺への重量配分を可能にしたことで、芯のエリアが拡大し、ミスパットを少なくします。


いかがだったでしょうか?

パターはドライバーと同様、練習とほぼ同じように打つ、ストロークが出来るクラブだと思います。微妙な傾斜などはありますが、フェアウェイやラフなどとは全く違ったスムースな面のグリーンで使うのですから。ですので、3パットしていたら勿体無いのです。スコアメイクの鍵は実はパッティングだったりするのです。18ホールで1パットずつ少なく出来れば18打もスコアが良くなります。

Speak Your Mind