ゴルフスイング5つのコツ

ゴルフスイング5つのコツ

「ミスショットを減らし100を切りたい」、「ドライバーの飛距離を伸ばしたい」などゴルフをする方の願いは様々です。ボールを目指した方向に飛ばすためにはスイングが重要で、結果、正しい方向へのインパクトに繋がり、目的を達成できるようになります。物事には体に負担をかけず楽に運べるようにするためのコツがあります。そのようなゴルフスイングになるためのコツはどこにあるのでしょうか?



ゴルフスイングは、自分ではできているつもりなのにできていなかったということが多いものです。ひとつを直すとひとつができなくなる、この繰り返しを得て身に付いていきます。シングルプレーヤーも、プロも最初は初心者でした。

一つ一つを意識し自分の体でコツを体得して、ゴルフスイングもバランスの取れたものになり今の形ができあがっています。ゴルフは全てインパクトといっても過言ではないくらい、インパクトさえ正しく迎えられれば、ボールは正しい方向へ飛んでいきます。現在それができていない場合、それは一連の動きであるゴルフスイングの見直しが必要になります。

ゴルフスイングの基本的流れは、テイクバック→トップスイング→ダウンスイング→インパクト→フォロースルー→フィニッシュの順です。そして、ゴルフ場でのプレイは様々な状況のライから打たなければなりません。スイングを状況別で変えて打つ場合も出てきます。

基本的なコツに加え、ゴルフで自分の目指す方向へ飛ばすために状況別に必要なスイングのコツを探してみました。


ゴルフが上手くなるスイング5つのコツ

①絶対に力まないこと

ゴルフをラウンドする時、ショートアイアンなどではあまりないのですが、ドライバーやロングアイアンは飛ばそうと無意識のうちにスイング全体に力が入り、グリップを握り締めてしまっていたりします。そうならないように、ゴルフスイングをするためのまず一つ目のコツは「グリップを柔らかく握ること」です。

車の運転などでも遊びが必要なように、ガチガチで握ってしまうとスイングが固まったままインパクトをしてしまいそれがミスショットにつながります。ワッグルしながら、手全体ではなく右手の中指から小指で柔らかくしっかり握ることがコツです。全ては力まないこと。これがゴルフのスイングの上での大事なコツです。

②打つ前の素振り

そんなこと?と思われがちですが、ゴルフをプレイする時に、本番をナイスショットにするため、素振りをしてスイングを確かめてみるのは大事なコツです。ボールの落下地点で、後ろに下がって次の落下地点の方向を決め、ボールのライの状況などを確認して、素振りをしながらショットをイメージします。

トーナメントのTV中継を見ていると、いきなり打つプロはまずいません。必ず素振りをしている光景を目にします。それほど素振りがゴルフのスイングには欠かせないコツです。

③バンカーのゴルフスイング

ゴルフのラウンドではなるべく入るのは避けたいですが、バンカーから打つ場面も出てきます。バンカーから打つときは特別にコツがあり、通常のゴルフのスイングと少し変わります。バンカーでのゴルフスイングのコツはまずソールを砂につけることができないため(ペナルティになります)ソールを浮かせてアドレスします。

そしてボールを直接インパクトすることはせず、距離に応じて必要なバックスイングを取り、バンカーの砂を叩くようにしてその爆発力でボールを飛ばします。両足をしっかり砂にねじ込んで固定し、オープンスタンスにして砂に負けないようにスイングすることがコツです。ヘッドアップも起こりやすいのでボールの行方ばかりを気にせず、まずバンカーから脱出することに集中することもコツです。

④ラフからのゴルフスイング

ゴルフ場でラフに入ってしまったら、打ち方もゴルフスイングも通常とは違うコツがあります。ラフのボールの沈み具合を確認してそれによってゴルフスイングを変える必要があるからです。浅い場合は飛んで距離が出すぎてしまうフライヤー現象に気をつければ通常のゴルフスイングでかまいません。

深い場合は通常のゴルフスイングでは無理なので、まずクラブを短めに持ちます。ラフから出すことを念頭において集中して最後までしっかり振りぬくことがラフからのゴルフスイングのコツです。草ごと払ってしまうようなイメージです。

⑤ランニングアプローチ

ゴルフ場でグリーンにオンせず、グリーン脇にこぼれた場合は、パターで打つよりショートアイアンでパター式に転がしたほうがいい場合もあります。必要なバックスイングを取り、少しオープン気味のスタンスでパターと同じ様に脇をあけずに振り子のようにクラブをスイングします。

アプローチのスイングはハーフスイング以下なので、あくまでもバックスイングの振りの幅で距離を調節することがコツです。強めにこつんとインパクトの強さで調節することは、手打ちになってしまのでやってはいけないコツの一つです。


いかがだったでしょうか?

ゴルフスイングの基本的及び主な状況別のゴルフスイングのコツをあげてみました。落ち着いてボールの状況を判断し、状況に合ったゴルフスイングを選び忠実にプレイすることがゴルフの全てにおいてのコツでもあります。そして場数を重ねて体得したコツが、身に付いていきます。

ゴルフは自分ひとりで考えて判断し進めていくスポーツです。沢山のラウンド経験をつみ、状況に強く納得のいくゴルフスイングで上を目指しましょう!

Speak Your Mind